スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画展示「OCICA-石巻牡鹿半島 小さな漁村の写真展-」平成25年9月10日(火)~29日(日)[終了]

宮城県石巻市・牡鹿半島に位置する牧浜集落。元々は牡蠣の養殖で栄え、牡蠣殻を剥く作業が浜の女性の仕事でした。その養殖設備も加工施設も、東日本大震災によって全て流されてしまいました。
そこで、地元に数多く生息する鹿の角を加工し、漁網の補修糸で編んで「OCICA」というアクセサリーをつくりはじめました。2011年秋から動きはじめたこのプロジェクトは、震災という目を背けたくなるような記憶の先に、新たなたくさんの人の縁をつむいでくれました。
わずかですが、その歩みをご覧いただけたら幸いです。
なお、最終日の9月29日()には、関連ワークショップ「オノマトペの森~においとおとでめぐる牡鹿半島~」を開催します。

石巻牡鹿半島 小さな漁村の写真展、ちらし
画像をクリックすると、大きいサイズでご覧いただけます。[PDFファイル、1.13MB]

関連資料リスト

主催
奈良県立図書情報館
共催
一般社団法人 つむぎや
開催期間
平成25年9月10日(火)~29日(
会場
2階メインエントランス


OCICA-石巻牡鹿半島 小さな漁村の写真展-、様子 OCICA-石巻牡鹿半島 小さな漁村の写真展-、様子 OCICA-石巻牡鹿半島 小さな漁村の写真展-、様子 OCICA-石巻牡鹿半島 小さな漁村の写真展-、様子

【関連ワークショップ】「オノマトペの森~においとおとでめぐる牡鹿半島~」

※終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

鹿の鳴き声や現地のおばちゃんの会話など「牡鹿の音」をスピーカーで聞く。鹿の角やぬか漬けの匂いがする「くんくんボトル」を嗅ぐ。鹿の角や魚網、牡蠣の殻等の現物を使い、牡鹿半島で感じられる音や匂い、触感を体験し、それらにまつわる物語を通じて感じたことをオノマトペ(擬音語・擬態語)で表現するワークショップです。ワークショップの最後には参加者全員で感じ取ったオノマトペの森が出来上がります。
※注意:匂い素材を嗅ぐため、過敏症、鼻炎の方は体調にご留意ください。

日時
9月29日(
 第1回 13:00~(受付12:30~)
 第2回 16:00~(受付15:30~)
会場
1階交流ホール
講師
岩田茉莉江(音風景研究家)、井上尚子(美術家)
参加費等
1人500円、対象:小学生~大人、各回15名(先着順)
申込み
当館Webページ申込みフォーム、メール(wsts@library.pre.nara.jp)または FAX(0742-34-2777)でお申し込みください。来館(2階貸出・返却カウンター)でも受付いたします。
住所、氏名、連絡先電話番号、希望の回(第1回・第2回)を明記のうえ、「OCICAワークショップ申込み」とお書きいただき、お申し込みください。1通1名。

onomatobe-8 onomatobe-1.jpg onomatobe-3.jpg onomatobe-4.jpg onomatobe-9.jpg onomatobe-2.jpg onomatobe-6.jpg

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

奈良県立図書情報館

Author:奈良県立図書情報館
奈良県立図書情報館のイベント・企画展示情報(平成20年4月1日から平成26年3月31日まで)を案内しています。
はじめての方は、このブログについてをお読みください。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
QRコード
QRコード
奈良県立図書情報館
奈良県立図書情報館
奈良県立図書情報館バナー
〒630-8135
奈良市大安寺西1丁目1000番地
TEL :
  0742-34-2111(代表)
  0742-34-5514(貸出・返却・延長)
  0742-34-3366(レファレンス)
FAX: 0742-34-2777
E-mail: info@library.pref.nara.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。