スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日独交流150周年記念企画展 「プロイセン-ドイツが観た幕末日本-1860・61年のオイレンブルグ遠征団が残した版画、素描、写真」展 平成23年4月5日(火)~5月8日(日) [終了]

奈良県立図書情報館では、日独交流150周年を記念し、在日ドイツの学術団体 ドイツ東洋文化研究協会と共催し、企画展「プロイセン-ドイツが観た幕末日本-1860・61年のオイレンブルグ遠征団が残した版画、素描、写真」展を開催します。
この展示は、1860年9月、オイレンブルグ伯爵の率いるプロイセンの東亜遠征団が日本に到着し、1861年1月プロイセンおよびドイツ関税同盟と日本との間に通商関係および友好協力を開始するために初めての修好条約の締結に至りました。彼らは学術調査団としての役割も担っており、日本滞在中に数多くの貴重な写真、版画、スケッチを残しました。
今回、散逸していた写真をまとめ、歴史的背景の説明を加え、外国人の捉えた19世紀末の日本の姿およびドイツにおける日本観の変遷を紹介します。

日独交流150周年記念企画展 「プロイセン-ドイツが観た幕末日本-1860・61年のオイレンブルグ遠征団が残した版画、素描、写真」展、ポスター
画像をクリックすると、大きいサイズでご覧いただけます。[PDFファイル、2.5MB]

記念企画展
主催
奈良県立図書情報館、ドイツ東洋文化研究協会
後援
ドイツ連邦共和国大使館
開催期間
平成23年4月5日(火)~5月8日(
場所
2階 メインエントランスホール

日独交流150周年記念企画展、展示の様子 日独交流150周年記念企画展、展示の様子 日独交流150周年記念企画展、展示の様子

記念講演会
日時
平成23年4月24日() 14:00~16:00
演題
150年前のプロシア・ドイツ使節団が観た日本
講師
サーラ・スヴェン氏(上智大学准教授) ※日本語での講演です。
会場
当館1階交流ホール
定員
200名(無料・先着順)、申込み不要(当日直接会場にお越しください。)

日独交流150周年記念講演、様子 日独交流150周年記念講演、様子 日独交流150周年記念講演、様子

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

奈良県立図書情報館

Author:奈良県立図書情報館
奈良県立図書情報館のイベント・企画展示情報(平成20年4月1日から平成26年3月31日まで)を案内しています。
はじめての方は、このブログについてをお読みください。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
QRコード
QRコード
奈良県立図書情報館
奈良県立図書情報館
奈良県立図書情報館バナー
〒630-8135
奈良市大安寺西1丁目1000番地
TEL :
  0742-34-2111(代表)
  0742-34-5514(貸出・返却・延長)
  0742-34-3366(レファレンス)
FAX: 0742-34-2777
E-mail: info@library.pref.nara.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。